山陰教区勤式練習所(第1回~4月)

ここのところ、たぬきは多忙を極めていた。
そのことについては、機会があれば書くことにしよう。

ところで、待望の山陰教区勤式練習所が4月25日に開所された。

開所式は、
〇 合掌礼拝
〇 勤行~重誓偈
〇 教務所長挨拶(代理)
〇 勤式指導員挨拶
により、執り行われた。

今回の勤式練習は、
 正信偈の行譜と草譜の唱法

最初に、正信偈の歴史、唱法の変遷、種類について、続いて草譜と行譜の違い、注意点(唱法の注意点)について、講義があったが、分かりやすく説明された。

そして、正信偈の和讃までのところを実際に練習した。
非常に有意義な勉強をさせてもらうことができた。

ただ、驚いたのは、参加者名簿を見ると、たぬき以外は全て現職の僧侶の皆さんや坊守さん。
たぬきと同じように中央仏教学院の通信教育を学んでいる人達もいるのに、なぜ出席されないのだろうかと不思議に思った。
僧侶の皆さんと一緒に学ぶことは、たぬきにとっては千載一遇のチャンスだと思ったのに・・・

        P1180221.jpg



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工