ドイツから

先週の金曜日は、勤式練習所で勤式の勉強をさせていただいた。
この時、坊守さんも一緒だったので、本当に心強く思った。

それはともかく、坊守さんがドイツ土産を持ってきて、たぬきに渡してくださった。
以前、西宗寺に何回か訪れたことある女性からのお土産だった。

        DSCF0338.jpg

この写真のように、美味しそうなチョコレートのお土産。

実は、数年前のこと。
ドイツ人の彼女が、西宗寺を訪れた時のことだ。
彼女が、「隠岐の島に行ってみたい」ということを坊守さんから連絡を受け、以前、たぬきが隠岐に住んでいたこともあって、宿泊先などを紹介してあげたことがあった。
この時は、地元の人たちの歓迎を受け、随分喜んでもらったようだった。
そして、彼女がドイツへ帰国してから礼状をいただいた。
そんなことから、ドイツというのは忘れがたいものがある。

何の気なしに、このブログのアクセス状況を調べていたら、先週の土曜日にドイツからのアクセスを確認した。
それが、彼女からのアクセスかどうかは分からないが、なんともいえない親近感を感じた、たぬきじゃった。
たぬきのブログには、外国からのアクセスもある。
それは、住職や坊守さんの国際的な繋がりがあるからだと思う。

たぬきは、そんな国際感覚を持たせてもらうことができて、本当にありがたいことだと思う。
これからも、しっかりとした思いを持ちながらブログを書きたいと思っているところだ。


関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工