庭の牡丹

たぬきの家の庭に、今年も大輪の牡丹が開花した。
この牡丹は、松江市の東端にある大根島で買ってきて、家の庭に植えたものだ。
大根島についてたぬきが説明するより、次の説明を見てもらったほうが分かりやすいと思う。

大根島(だいこんじま)は、島根県の東部中海に浮かぶ島。
島の大きさは東西に3.3km、南北に2.2km、島の周囲は約12km。
大根島はきわめて平坦で最高地点の大塚山山頂でもわずか標高42mしかない。
しかし、大根島全体と隣の江島は玄武岩質の小規模火山(大根島火山)である。
粘性の低い玄武岩質溶岩で島ができているため傾斜が緩やかで平坦である。

大根島を形成する大根島玄武岩は第四紀火山カタログ委員会によれば、今から約12万年ないし30万年前に形成されたと推定されている。
有史上は『出雲国風土記』に「たこ島」という名前で記載があり、奈良時代当時は牧場として土地利用されていたようである。
その後、島の火山灰土質が高麗人蔘と牡丹の栽培に合っているので江戸時代より栽培が盛んになった。

『出雲国風土記』には、杵築の御崎のたこを捕らえた大鷲がこの島に飛来したことにより「たこ島」と名付けられたとの言い伝えが紹介されている。
たこから太根(たく)そして大根(たいこ)と変化して今に至る。
一方、人参を大根とよびかえたのが島の名の由来という説もある。
          Byウィキペディア


        766px-Lake_nakaumi_landsat[1]

上の写真の中央部にあるのが、「中海」。
その中海に浮かぶ島が「大根島」

この大根島から北東にある島が「江島」。
この江島から境港に向かって架かっている橋のことを「江島大橋」という。
江島大橋は、CMでも有名になった「べた踏み坂」。
この橋の話は、またの機会としたい。

さて、牡丹の話に戻るとしよう。
たぬきの家の庭に咲いている牡丹は、20年くらい前に大根島の「ボタン祭」に行った時に買って帰ったものだ。
それから毎年綺麗なピンクの花を咲かせてくれる。

        DSCF0350.jpg

        DSCF0342.jpg

        DSCF0343.jpg

        DSCF0344.jpg

心のなごむような大輪の花を今年も咲かせてくれた。
花は、心を和ませてくれる。


関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工