皐月

5月を皐月という。

5月(ごがつ)はグレゴリオ暦で年の第5の月に当たり、31日ある。
日本では、旧暦5月を皐月(さつき)と呼び、現在では新暦5月の別名としても用いる。
「さつき」は、この月は田植をする月であることから「早苗月(さなへつき)」と言っていたのが短くなったものである。
また、「サ」という言葉自体に田植の意味があるので、「さつき」だけで「田植の月」になるとする説もある。
日本書紀などでは「五月」と書いて「さつき」と読ませており、皐月と書くようになったのは後のことである。
また「皐月」は花の名前となっている。
「菖蒲月(あやめづき)」の別名もある。

なお、旧暦の五月は新暦では6月から7月に当たり、梅雨の季節である。
五月雨(さみだれ)とは梅雨の別名であるし、五月晴れ(さつきばれ)とは本来は梅雨の晴れ間のことである。

英語名などのMayはローマ神話で豊穣を司る女神マイア (Maia) の名に因むといわれている。
12か月で唯一英語名に略称が存在しない(英語名の略称は3文字で表すため、もともと3文字の5月は略称が無い)。
            Byウィキペディア


梅雨に入るまでのこの時期が一番いいと思う。
すっきりとした五月晴れの中を散策する。
新緑の木々が眩しい。
足元を見ると草花が、綺麗な花をつけて誇らしそうに咲いている。
草花に命を感じる時だ。
一所懸命に今を生き、花から実をつけて、次世代へと繋ぐ営みを見るにつけ、その尊さを思う。

人が生きていくためには、多くの命を一日に三食もいただいている。
そのことを思うとそれらの命に感謝をすることを忘れてはならないと思う。
食事がまずいとか、食べ残すなどもってのほかだろう。
「いただきます」と「ごちそうさま」の意味するところを今一度考えたいものだ。

        DSCF0354.jpg

        DSCF0357.jpg



住職ノート
5月に入りました。
寺の周囲は、青葉若葉で草刈りが、忙しくなりそうです。
先日、掛合町のお寺に永代経法座に出講しました。
お参りは少なかったのですが、住職さんが中山間地域のなかで子どもたちに、婦人会にご苦労されているのに感心しました。
世間はゴールデンウィークとにぎやかですが、お寺の者はそういうわけにはいきません。
ある面でうらやましくも有り、様々な家庭の皆さんに会えるのも楽しいものです。
今月の標語は、鳥取県の妙好人源左さんの言葉
  「わが身が大事なら 人さんを大事にせえよ
としました。
中村元先生のブッダの言葉より「どの方向に心でさがしもとめてみても、自分よりさらに愛しいものを どこにも見いだせなかった。そのように 他人にとっても、それぞれの自己が愛おしいのである。それ故に 自分のために 他人を害してはならない」。
門前を通る人がどのように考えて下さるでしょうか。



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工