ジョン・ドゥ

九州の続きはまた書くことにして、今日は「ジョン・ドゥ」について
読者の皆さんで、ご存知の方はおられると思う。

「ジョン・ドゥ」とは、米国版の「名無しの権兵衛」。

名無しの権兵衛(ななしのごんべえ)は、「名前が分からない人」や「名前が明らかにされていない人」を指して使われる俗語、仮名。

「名無しの権兵衛」という言葉の由来には、複数の説がある。

深川説
 江戸時代、深川の門前仲町は歓楽街であったが、幕府公認ではなかったがゆえに、正式には遊女を雇い入れることができなかった。
 そこで、遊女に男性の名前を騙らせることで、幕府の目を逃れていた。
 その男性風の名前を権兵衛名と呼んだ。
 しかし、雇い入れられたばかりの女にはまだ権兵衛名がついていないことも多かった。
 その女を名無しの権兵衛と呼んだことが由来である、という説。

日枝神社説
 東京都赤坂にある日枝神社にまつわる手鞠歌の中に、名主の権兵衛と歌う箇所があり、それが伝わるうちに名無しの権兵衛になった、という説。

英語で「名無しの権兵衛」に相当するのは、ジョン・ドウ(John Doe) である。
Doe 自体に架空の姓の意味がある。
ジョンは、ありふれた男性の名前であり、女性が対象となる場合は同様の理由でジェーン(Jane) が用いられ、ジェーン・ドウとなる。

これは「名無しの権兵衛」と同じく、名前不明の人物を指して名づけられる場合もあるが、「名無しの権兵衛」が俗語の域を出ないのに対して、「ジョン・ドウ」は訴訟において仮名として用いられることもある。
同例としてリチャード・ロウ(Richard Roe) がある。
身元不明の死体に「ジョン(ジェーン)・ドウ」が使用されることもあり、アニー・マエ・アクアッシュは、死亡時に身元が不明だったため、「ジェーン・ドウ」という名札を付けられた。
キングズベリー・ランの屠殺者事件では、複数の死体が出たため、身元不明の被害者はジョン・ドウ1、ジョン・ドウ2と番号付きで呼ばれた。

同様の語としてジョン・スミスやジェーン・スミス(John Smith, Jane Smith) がある。
この場合のスミスはありふれた姓として用いられており、日本語で訳すとすれば、山田太郎や山田花子となる。
また、映画においてはアラン・スミシー(Alan Smithee)、平均的な男性を指す語としてはジョンQ (John Q. Public) がある。
          Byウィキペデイア


「ジョン・ドゥ」…なんとも寂しい響きを感じるのはたぬきだけだろうか。
人はそれぞれ名前があって、それに伴なって個性があるのだと思う。
たった一度の人生。
その中で、「名無しの権兵衛」だけにはなりたくないと思うのは、誰しもだろう。
残念なことに、全国的には身元もわからないまま亡くなる人も多いようだ。

今夜もテレビで、認知症の人が7年間も身元が分からないまま、老人福祉施設で保護されていたと報道していた。

「生老病死」は、避けてとおれないもの。
自らの行く末を含めて、考えたいものだのう。

        DSCF0496.jpg

        DSCF0497.jpg



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工