仏教文化講演会(2014.7)

今日は、西宗寺仏教婦人会主催の「仏教文化講演会」が、午後1時30分からお寺の本堂で開催された。
西宗寺では、毎年この時期に仏教婦人会主催の講演会が開催されている。

最初に「らいはいのうた」の読誦(斉唱かな?)
続いて、「真宗宗歌」の斉唱
そして、住職挨拶

        P1190141.jpg

講演は、
  松江組 門徒推進員でもある
  島根県男女共同参画サポーターの
    澤 アツ子さん
が、「広げようさんかくの輪」ということで、お話をされた。

        P1190145.jpg

        P1190155.jpg
        
昔からある女性蔑視について、卑近な例を挙げて話をされ、また、それを川柳を通してユーモアたっぷりに語られるのに、堂内は笑いに包まれた。
そして、財団法人しまね女性センターで男女共同参画社会づくりの意識高揚を図るため「男女共同参画川柳」の募集をし、応募作品の中から優れた作品を選んで作られた「男女共同参画かるた」を使って、参加者でかるた取りをし、印象に残ったり、共感できる読み札をそれぞれが選び、感想を述べた。

このように、みんなで話し合えば自然と男女が平等という意識も生まれる。
また、男女共同参画の意味も理解できる。
そんなことで、有意義な講演会だった。

最後に、「恩徳讃」を斉唱して、講演会の日程は終了した。
残念だったのは、お参りされる人が少なかったことだ。
この地には、古いしきたりも残っていることだろう。
そういう土地柄からか、男女共同参画という言葉に敬遠されたのかもしれない。
そんなことを感じた、たぬきじゃった。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工