勤式練習所へ(7月)

7月24日(木)は、月に一度の勤式の勉強。
この日は、「重誓偈」を読誦してから指導を受ける。

お勤めは、「葬場勤行」
 〇葬儀におけるお勤めの唱法
  (三奉請・念仏・和讃の唱法)
 〇七条袈裟の着け方
について、勉強させていただいた。

        P1190201.jpg

        P1190205.jpg

        P1190221.jpg
        
        P1190228.jpg

        P1190211.jpg

たぬきは、袈裟を持っている訳ではないので、袈裟の被着法は見学させていただいた。

この日は、午後2時から午後6時まで、みっちりと講義が行われた。
その後、午後7時から懇親会があり、たぬきも参加させていただいた。
皆さん僧侶の方ばかりだったが、たぬきの思いのたけをお話しさせてもらった。

たぬきは、中央仏教学院の通信教育を受けていることは、皆さんご承知のとおりだと思う。
たぬきと同じように勉強している人たちも沢山いるのだが、折角行われているこの勤式練習所にそういう人たちは誰も来ていない。
何とももったいないことだろうかと思う。
現職の僧侶の方たちも来ておられるのだから、これ以上の勉強の場はないだろうに・・・
そう思うと残念でならない。

聞いてみると、今からでも受講できるとのことだから、中央仏教学院の受講生の皆さんにぜひ参加していただきたいものだ。


関連記事

コメント

おはようございます♪

お久しぶりです。
四州教区でも毎月、勤式練習所で勤式集の聲明と日常勤行の勤行を勉強してます♪ご門徒をはじめ、僧侶や中央仏教学院通信教育生が研鑽してます。
本年度からは雅楽もしてますよ(^_^)v

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工