気持ちがなごむとき

たぬきの気持ちがなごむのは、7月のこの時期のようだ。
それもそのはず、中央仏教学院のスクーリングも終わり、8月上旬の成績発表を待つだけ。
取り敢えず、今は勉強にも追われることなく、お気楽な毎日。
本当は、それではいけないのだろうが、元来能天気なたぬき。
大丈夫だろうか?と、ささやきが聞こえてくるようだ。

「そんなことではいけない」ということは、自分自身では分かっているつもりなのだが、ついついやすきに流れるのは・・・たぬきの自覚のなさか。

結果はともあれ、9月からの3年次に向けて英気を養っておこう。

        P1190248.jpg


関連記事

コメント

連投すみません。
私めも、しばしの夏休み?を楽しんでます(笑)こんなことではいけないんですが(^-^;)
お盆明けには3年次に向けて、予習復習に励みたいです。

Re: 釋彦龍 さんへ

コメントありがとうございます。
こちらこそご無沙汰していました。
ここ山陰でもやっと勤式練習所ができました。
ところが、練習日に参加されるのは僧侶の皆さんばかり・・・
折角の勉強する機会ですので、中仏の専修課程を受講している人たちの参加があればいいのですが、残念ながら参加者は私だけです。
もっと積極的に勉強をして欲しいものです。
私自身が働きかけをすべきなのでしょうね。
3年次に向けて、お互い頑張りたいですね。

たぬき様

お返事ありがとうございます。
やはりテキストCDでは限界がありますので、練習所は助かります。勤式指導員の方は日常勤行を指導してくださってますが、ご本山の知堂さんも指導にお越しいただいてるので僕は知堂さんに篳篥と聲明を教えていただいてます。
休み時間には他のお寺のご院さんやご門徒さんと意見交換させていただいてます♪

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工