自衛隊輸送機体験搭乗

今日(9月14日)、航空自衛隊美保基地で行われたC1輸送機の体験搭乗があり、たぬきも体験させてもらった。
この体験搭乗には、事前の申し込みが必要で、希望者が多い場合には抽選となるようだ。
たぬきは、午前の第8便に搭乗。

        img065.jpg

基地格納庫で、シートベルトの着脱方法や緊急時の救命胴衣の着脱方法の説明を受け、その後機内へと案内された。

        P1190649.jpg

        P1190770.jpg

一度のフライトで40人の搭乗客が乗り込む。

        P1190775.jpg

        P1190789.jpg

機体の内部には、左右の壁際に座席が並び、中央部分にも簡易な座席がある。
恐らく中央部分の座席は着脱できるのだろう。
本来、貨物室として利用する場所であることを想定すると、当然のことだろう。

座席に搭乗者全員が着席してからC1の配備されている基地や飛行機の説明があり、そして離陸。
飛行機の窓は、我々が乗っている貨物室には丸い窓が3か所しかない。
立っていないと窓からの景色は見えないくらいの高さだ。

水平飛行に入ってからシートベルト着用のサインが消える。
それからは、機内を自由に移動できる。

        P1190826.jpg

こんな状態で景色を見たり、写真を撮ったり・・・

        P1190820.jpg

        P1190808.jpg

        P1190848.jpg

飛行中、雨雲がかかり、いい写真を撮ることができなかったのだが、普段搭乗することのできない輸送機だけに、いい経験をさせてもらった、たぬきじゃった。

        P1190751.jpg



関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工