ベタ踏み坂

某自動車会社のコマーシャルで一躍有名になったこの橋。
「ベタ踏み坂」とは、よく名づけたものだ。

        P1190629.jpg

        P1190633.jpg

先のコマーシャルの影響で、観光地と化している。
休日ともなると、この橋を撮影するため多くの人が訪れる。

この橋は、島根県松江市と鳥取県境港市に架かる「江島大橋」のこと。

2013年12月28日から放映されているダイハツ工業の「タントカスタム」のCMには軽自動車では坂道は非力だという通説を覆すべく、その走行性能を実証するため江島大橋が登場しており、CMでは橋の急勾配から「(アクセル)ベタ踏み坂」と表現されている。

江島大橋(えしまおおはし)は、鳥取県境港市と島根県松江市との間にかかる、境港臨港道路江島幹線の橋である。
国土交通省中国地方整備局境港湾・空港整備事務所が建設し、境港管理組合により管理されている。

構造形式は、PC5径間連続有ヒンジラーメン箱桁橋である。
桁下を航行する船舶の通航に支障がないよう、また工事および耐震の関係から、島根県側は6.1 %、鳥取県側は5.1 %の勾配を設けて44.7 mまで登る。
中央支間長250mは、桁橋としては2014年現在で日本で第2位、コンクリート製に限れば日本最大、さらにPCラーメン橋に限れば世界で第3位に入る。
             Byウィキペディア

写真の撮影の仕方によって、急な坂道に見えるが、車で走っている時には急な坂には感じないのだが・・・
坂の頂上付近まで周囲に何もないのが、急な坂に見えるのかもしれない。

見かたによると、こんな坂道に見える。
ところが、横から見ると急な坂道には見えない。
たぬきは、自分の人生を振り返ってみる。
一方からしか見なかった時の厳しさ。
ふと気が付いて、もう一方から見ると全く違った道が見える。
そんなことを思うたぬきじゃ。



住職ノート
一昨日から我が家に、一人、外国人の娘が増えました。
タイ国チョンブリ県から、1ヶ月間松江市開星高校に短期留学をする、ギョームさんと言う女生徒さんです。
財団法人AFS日本協会からの紹介で松江市にきてくれました。
タイ国内50名のうちから8名選抜された、将来有望な生徒さんです。
まだ十分に話をしていませんが、3月にはイギリスにも留学し、英語、そして日本語も少々話せるたのしみな子どもさんです。
我が家は、日頃子どもがいないし少々かわいそうですが、できる限り松江の、日本の事を知ってほしいと思っています。

また、昨日は、近くの真言宗のお寺の普山式(住職継職法要)に参列しました。
昨年、私の同期の住職が逝去されその後を、30代のお嬢さんが後継されたことでした。
色々な思いがあったことでしょうに、ようこそ決心されたと頭の下がる思いでした。



たぬきは、一昨年タイへ行きました。
微笑みの国と言われるような素晴らしいところでした。
懐かしい思い出がいっぱいあります。
ぜひ、一度お会いしたいですね。

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工