台湾へ(その19)

祭りの行列が通り過ぎるのを待って、赤嵌楼のある敷地に入る。
敷地内はきれいに整備されている。
その敷地の中に、オランダ人が建造した「赤嵌楼」の建物がある。

        IMG_0851.jpg

        DSCF1440.jpg

        DSCF1441.jpg

        DSCF1442.jpg

屋根などに施された飾りにも趣がある。
そして、驚いたのは、煉瓦塀の目地には、
   石灰と砂糖、もち米
を混ぜ合わせたものが使用されており、相当な強度があるということだった。

        DSCF1431.jpg

        DSCF1432.jpg

ここは、オランダが植民地としていた当時の中心となっていたことろだ。
たぬきは、アジアの各地を訪れているが、どこの国に行っても過去には、外国が攻め入って植民地化している。
そうした国の人たちが虐げられていたことを思うと、やるせない気持ちがする。

今回の旅も平和への想いを感じる旅となったようだ。

        DSCF1443.jpg


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工