修正会(2015.1.2)

今日は、毎年お寺行われる修正会に行ってきた。
馬鹿なたぬきは、今朝は雪も積もっており、『こんな悪天候なら元旦の朝に行けばよかった』などと思いながら車を運転してお寺に向かった。(罰当たりもいいところだ)
お寺は、お参りの人たちを待っているように、本堂に煌々と明かりが灯っている。

        IMG_1422.jpg

たぬきが、お寺に着いたのは、午前6時45分ころ。
まだ、周囲は薄暗い。
本堂にあがって、住職や坊守さん、若院さんに新年のご挨拶。

        P1200284.jpg

午前7時からお勤めが始まった。
〇 浄土真宗の救いのよろこびの朗読
〇 正信偈の読誦

        P1200287.jpg

〇 浄土真宗の生活信条の朗読

そして、若院さんの法話。

        P1200293.jpg

若院さんは、「宗門人別帳」などの古文書を解析するなかで、江戸時代には多くの乳幼児が死んでいた事実に触れ、昔は小さな子供たちが成長する間もなく亡くなっていたことについて、新たな年を迎え、私たちが今を生かされていることに思いを致すべきことを訥々と話された。

修正会が終わってから、庫裏でお茶の接待があり、それぞれの近況を話して解散した。

外に出ると、すっかり夜も明けており、雪景色が眩しかった。

        P1200306.jpg

        P1200299.jpg



住職ノート
1月前半の法語です。

        P1200302.jpg


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工