恩師からの便り

最近は、年賀状でしかご挨拶をしていないたぬきの高校時代の恩師から便りが届いた。
葉書に細かい字でびっしりと書かれた文字。
年が明けてからの近況に続き、こう綴られている。

貴男からいただいた年賀状に「またお会いしたいですね。」とありました。
私も全く同じ想いをしておりました。
実は今月、用務で松江に出掛けますので、貴男の都合が許せば、是非お会いして歓談の機会が持てたらいいなと思っております。

とのこと・・・
先生とは、久しくお会いしていない。
出来ることならゆっくりとお話をしながら楽しい時間を過ごしたいと思ったのだが、指定された日は、御正忌報恩講で京都に行くことになっている。
本当に残念だが・・・と思いながら、先生のお宅に電話をした。
失礼を詫び、再会をお約束して電話を切った。

先生にとって目の前を通り過ぎた教え子はたくさんいただろうに、今でもこうして思い出していただいていることだけでも本当にありがたいことだと思う。

        DSCF0421.jpg


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工