ストリートビュー

ストリートビューとは、正式には「Google ストリートビュー」という。
詳しいことは、後ほど書くことにして・・・
今日、たまたま西宗寺付近のGoogle マップを検索していたところ、ストリートビューで西宗寺が撮影されているのを発見した。
撮影時期を見ると2012年9月のようだ。
物好きなたぬきは、9月の前半に撮影されたのか、後半に撮影されたのか、調べてみたいという衝動に駆られた。
それには、西宗寺の門前にある掲示板の文字を見ることが必要だ。
Google ストリートビューの画像には、はっきりとしないものの「勤行」という字が見える。
そこで、たぬきのブログの2012年9月を検索すると、あった、あった。

        P1060986_convert_20120905162439[1]

上の写真は、2012年9月5日のブログの写真だ。
よって、9月1日から14日までに撮影されたものと判明した。

Google ストリートビューを検索してみると、

Google ストリートビュー(グーグル・ストリートビュー、英語: Google Street View)は、Googleがインターネットを通じて提供しているWebサービス。2007年に開始された。

世界各地の大都市圏を手始めとし、全天球カメラを地面から高い位置に搭載した車両(当初は自動車、後に三輪自転車も加わる。)を多数走らせて撮影した道路沿いの風景が、Google マップおよびGoogle Earth上で、地上約2.45メートル[1]から撮影された360度のパノラマ写真で表示される。
当初はアメリカの主要都市のみ対応していたが、現在はパリ、ロンドン、ニューヨーク、香港、東京といった日本の主要都市など世界各国の主要都市もカバーしている。
          By ウィキペディア


とあるが、最近(2012年)ではたぬきのねぐらも撮影されるなど、日本のほとんどの地域を映像で見ることができる。
便利になったものだが、プライバシーの面ではどうだろうかのう。



住職ノート

久しぶりに書かせていただきます。
2015年も早ひと月過ぎました。
先月ご本山の通夜布教にご縁をいただき私自身の求道の場を厚くお礼を申し上げたいと思います。
沢山のお同行の門法の姿に私が教えられたことです。

思いますに布教使が主役ではないのです。
お同行への、いや共にきかせていただく場なのですよね。
時々鼻にかける、恐ろしい使いの姿が気にかかります。

2月は
  「見たつもり 聞いたつもり 知ったつもり「つもり」の世界は諸行無常」
と門前に書きました。
私たちの日常は「つもり」の世界ではなかったか。
「つもり」の世界がなにかで打ち破られたとき一度に不安と焦りが押し寄せます。

打ち破られたその姿にこそ、私にひたすら目を向けてくださる大きい大きい願いがあるのでは? 
一緒になって聞いていきましょう。

2月11日は毎年のごとく西宗寺門信徒総会です。
今年は役員の改選です。
また新しいスタッフによって寺からの発信を考えていただきたいと思っています。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工