北帰行(2015.2)

ニュースでは、米子市の水鳥公園のコハクチョウの北帰行が始まったと言っていた。
たぬきの家の近くの田んぼにもコハクチョウがいる。
彼らも、近々シベリアに帰るのだろう。
北の故郷への長い旅路だ。

来年も、ここへ帰ってきてほしい。
豊かな自然のあるこの地へ・・・
ハクチョウたちの無事を祈りながら、以前撮った写真を眺めているたぬきじゃ。

        P1160021.jpg

インターネットで検索すると、今月初旬から日本各地のハクチョウやツルの越冬地で、鳥たちの北帰行の記事がでている。
冬の終わり?の(春先の)風物詩。
季節が変わり、初冬になれば、また、彼らが越冬にやってくる。
見た目には、鳥たちのルーチンの営みのようにも見えるが、実はその多くの鳥たちは世代交代している。

人の世も、彼らと同じように、世代交代をしながら繋がっていく。
反対に、今の自分に繋がってきた多くのいのちを振り返ってみることも必要だと思う。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工