松江城が国宝に

松江城が国宝に指定されるようだ。
5月15日、文化審議会が松江城を国宝に指定するよう答申した。

松江城(まつえじょう)は、島根県松江市殿町にある日本の城跡。
別名・千鳥城。
天守が現存し、国宝に指定されることとなっている。
城跡は国の史跡に指定されている。
この他に日本さくら名所100選や都市景観100選に選ばれている。

平山城で江戸時代には松江藩の藩庁として、出雲地方の政治経済の中心となったが、明治時代初頭に廃城令によって存城処分(陸軍省所管)となったため、天守以外の建物はすべて払い下げられ撤去された。
城跡は現在、松江城山公園として利用され、また、江戸時代初期建造の天守を有する城跡であり、天守は山陰地方の現存例としては唯一である。

天守は外観4重内部5階地下の穴倉1階、天守の南に地下1階を持つ平屋の付櫓を付ける。
外観は重箱造の二重櫓の上に3階建ての櫓を載せたようなもので3重目の南北面に入母屋屋根の出窓をつけている。
意匠は下見板張りで桃山文化様式である。
1・2階平面は東西12間に南北10間あり、高さは、本丸地上より約30メートル(天守台上よりは22.4メートル)ある。
2階に1階屋根を貫くかたちで開口した石落しが8箇所あることを特徴としている。
地下の井戸は城郭建築では唯一の現存例である。
最上階は内部に取り込まれた廻縁高欄があり、雨戸を取り付けている。
鯱は、木製の銅板張で現存天守の中では最大の高さ約2m。
現在の鯱は昭和の修理の際に作り直された物で、旧鯱は保管展示されている。
また、石垣は「牛蒡積み」といわれる崩壊しない城石垣特有の技術が使われている。
          Byウィキペディア


        Matsue_castle01bs4592[1]

松江城は、たぬきの大好きなスポットだ。
今回、国宝に指定されることになって、お城では5番目。
65年ぶりの国宝指定になるとか・・・

これで、また松江に訪れる人が増えるのだろう。
是非、読者の皆さんも「国宝 松江城」を見に来て欲しいものだ。



住職ノート
昨日(5月16日)の常例法座は14名の出席でした。
内容は「老いて亡くなることがわかっていても、受け入れることができません」という重いテーマでの話し合いでした。
いつも出席されるご夫婦がこの頃お休みで、少し気がかりです。
JAグリーンには、野菜を出荷されているのですが・・・。

ご本山への念仏奉仕の旅、参加者が目標を超え、ほっとしています。
なにより、例年のような休日実施でないにも関わらず、旅行(?)初参加の方々も多く、また、定年退職の記念に「おかみそり」を受けることになっているご夫婦もあります。
計画する立場ではありますが、いろいろと気づかされることが多いこの頃です。

カナダ、トロントでの仏教婦人会世界大会も近づきました。
西宗寺からは、2名の方が参加されます。
一週間、元気で、思い出深い旅になりますように。

        unnamed[1]


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工