シンガポール等(NO.5)

次に訪れたのは、ジョホールバルの王宮。
王宮というよりも、王宮の門と言った方がいいかも。

        IMG_2502.jpg

        IMG_3174.jpg

王宮の入口には、王冠を冠したモニュメント?がある。
いかにも王様の威厳を象徴しているようだ。
さて、ジョホール王国について調べてみた。

イギリスの支配下にあっても、ジョホールは諸侯国のひとつとして世襲のスルタンが王位を継承した。
第二次世界大戦中は日本(大日本帝国)、戦後は再びイギリスの支配下に置かれ、1948年、イギリス保護領のマラヤ連邦の一部となった。
1957年にはマラヤ連邦がイギリスより独立を果たし、1963年、シンガポールおよびイギリス植民地のサラワクとサバを合わせて立憲君主制の連邦国家「マレーシア」となったが、その際、ジョホールは連邦を構成する1つの州(ジョホール州)となって、現在に至っている。
なお、1965年にはマレーシアよりシンガポールが分離・独立したが、現代のジョホールはその位置より、経済的・文化的にシンガポールとの結びつきが最も強い地域となっている。

スルタンの世襲は現在もつづいており、16世紀以来の伝統を今に伝えている。
ジョホール州のスルタンは、他州のスルタン同様、マレーシア国王候補の資格をもち、国王選挙権を有している。
なお、マレーシアの国王は現在、国内13州のうち9州(ジョホール州・クダ州・クランタン州・ヌグリ・スンビラン州・パハン州・ペラ州・プルリス州・スランゴール州・トレンガヌ州)にいるスルタンによる互選で選出され、任期5年となっている。
互選が建前になっているものの、実際には輪番制に近い象徴的な君主である。
          Byウィキペディア      


世界には、色々な制度がある。
行って見なければ分からないところの一つが、このマレーシアかもしれない。

        IMG_3177.jpg

        IMG_2517.jpg

        IMG_3178_20151123194851215.jpg

門番の兵隊さんも、一緒に写真を撮ることは、OKだった。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工