シンガポール等(NO.9)

午後4時にホテルを出発して、シンガポールの中央部にあるナイト・サファリへ向かう。

たぬきは、旅行に出ると(特に海外)では、移動中にも車窓から写真を撮ることにしている。
それは、二度と訪れることが無いかもしれないところに、縁あって来ているのだから、しっかりと画像として残して置きたいと思うからだ。
また、画像に残すことによって、当時の記憶が蘇るからだ。

目的地までに、車窓から撮影した写真の一部が次のとおり。

        IMG_3277.jpg

        IMG_3278.jpg

        IMG_3280.jpg

        IMG_3281.jpg

また、空には黒雲が現れ、稲光とともに大きな雷鳴がする。
シンガポールでは、地震や津波、台風などがないので、そんな災害により亡くなる人は無いようだ。
だが、落雷によって亡くなる人が多いらしく、この国の人は雷を恐れるという。

今度は、本格的なスコールに見舞われるのか?

        IMG_3279.jpg

        IMG_3282.jpg

        IMG_3283.jpg

        IMG_3285.jpg

上の写真を見てもらうと、東南アジアではよく見かける乗合自動車風の車だ。
日産自動車製のトラックを改造したものだろう。
この車の後ろを見てもらうと「NISSAN」のロゴの横に、⑬という数字が見える。
数字は、この自動車の運転手も含んだ乗車定員が表示してある。
日本では、こういう形での乗車スタイルは無い。
所変われば・・・という感じがする。

そうこうしているうちに、ナイト・サファリに到着。

        IMG_3288.jpg

        IMG_3289.jpg

        IMG_3291.jpg

途中から予想どおりスコールに見舞われた。
このまま雨が降り続くと、見学もままならないだろうと心配する。 

        IMG_2572_20151201214434cb9.jpg

        IMG_3297.jpg

サファリの入口には、こんな動物がいる。
ただし、本物ではなく模型や木彫り。
でも、ワニは写真のとおり迫力満点だ。
こういうものを見ていると、ますます園内への期待も大きくなり、気分も高まってくる。



住職ノート  
数日前から急に冷え込む毎日になってきました。
狸さんのシンガポール、マレーシアの旅日記を読みながら、暖かいところに行きたいなあと思ってしまいました。

12月に入りました。
今年もあっという間に過ぎていきました。
今月の標語は
 「たとえ百歳の長寿を得ても 無上の教えに会わなくては この教えに会いし人の 一日の生にも及ばず」
と法句経の言葉を書かせていただきました。
生.老.病.死の生涯をむなしく過ぎることのないよう、お釈迦様が示してくださったのでしょう。
寒さの中で大きく息を吸ってみましょう。



関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工