シンガポール等(NO.10)

ナイトサファリの園内で夕食。
夕食は、バイキング。
洋食・中華の他にも日本の寿司まであった。

        IMG_3303.jpg

        IMG_3304.jpg

また、タイガービールを飲んだたぬき。

バイキング以外にも食べ物屋さんは数か所あり、

        IMG_3302.jpg

上のようなアイスクリームや下の上海蟹まで売られている。

        IMG_3309.jpg

ナイトサファリでは、トラムと言われる数両が連結された電気自動車で園内を周遊するコースとウォーキングコースがある。

ナイトサファリ(The Night Safari)は、シンガポールにある夜間サファリパークである。

マンダイ地区に所在し、『世界初の夜だけ開園するサファリパーク』として、1994年5月26日に開業した。
シンガポール動物園やジュロン・バードパーク、リバーサファリの経営母体が運営している。
開園時間は夜間のみで、18:00-24:00。
シンガポールにおける観光客の人気訪問先のひとつとなっており、2007年5月29日には、延べ入場者数が1,100万人を突破した。

総面積40ヘクタールの園内は8つのゾーンに分けられている。
園内で飼育されている動物は約120種であり、そのうち、72%は絶滅に瀕している種である。
入園者数は年間約90万人。壮大な池を見下ろしているキリンの姿や、貴重なウンピョウ、絶滅に瀕したインドサイをウォーキングトレールで至近距離で観察することができる。
圏内で見学客と動物とは、自然を活用して隔ててられている。

3つのコースは歩いて見学できるほか、トラムで解説を聞きながらの見学も出来る。
日本人観光客向けには、日本語ガイドが乗るトラムも運行されている。
徒歩によるコースには、それぞれ、「フィッシングキャット・トレール」、「ワラビー・トレール」、「レオパード・トレール」という名前が付けられている。
            Byウィキペディア  
        

        IMG_3301.jpg

上の写真は、チケット売り場。

        IMG_3317.jpg

        IMG_3318.jpg

トラムとは、こんな形をした乗り物。

        IMG_3357.jpg

トラムの乗り場。

        IMG_3320.jpg

たぬきが乗ったトラムは、日本人の女性ガイドさんが運転する車両で、それぞれの場所で丁寧に説明してくれる。
ところが、フラッシュ撮影は禁止されているため、たぬきの撮影した動物たちは殆ど写っていなかった。

飼育されている主な動物は、

トラムツアーは、

ヒマラヤ丘陵地帯(Himalaynan Foothills) 主な飼育動物 - マーコール、ムフロン、フラミンゴ

インド亜大陸(Indian Subcontinent) 主な飼育動物 - インドライオン、シマハイエナ、ナマケグマ、バラシンガジカ

赤道アフリカ(Equatorial Africa) 主な飼育動物 - キリン、ボンゴ、カバ、ブチハイエナ、サーバル、アフリカスイギュウ、アカカワイノシシ

インド・マレー地区(Indo-Malayan Region) 主な飼育動物 - マレートラ、バビルサ

アジアの川沿いの森(Asian Riverine Forest) 主な飼育動物 - アジアゾウ、ドール、マレーバク、ヒゲブタ

ネパールの河川(Nepalese River Valley) 主な飼育動物 - インドサイ、インドオオカミ、アジアスイギュウ、アクシスジカ、キンイロジャッカル、サンバー

ビルマ丘陵地帯(Burmese hillside) 主な飼育動物 - ガウル、ツキノワグマ、バンテン、マレートラ

            Byウィキペディア   


しかし、暗闇の中で生息するこれらの動物を見ると、何とも神秘的で、夜のジャングルを彷彿とさせるものだった。

また、トラム出発時間までの間、「サムバーカー・パフォーマンス」が、エントランス・プラザで行われており、多くの人で賑わっていた。

        IMG_3313.jpg

        IMG_3314.jpg

        IMG_3316.jpg

何故か、ワクワクしたナイトサファリのツアーだった。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工