シンガポール等(NO.27)

セントーサ島は、まさにリゾートの島。
色々な施設が沢山ある。

セントーサ島(セントーサとう)は、シンガポール島の南にある島。レジャー施設が多数開発されており、シンガポールにおける重要な観光スポットとなっている。
島の北側は遊園地や水族館が並び、島の南側はビーチが続いている。

マーライオンタワー、「アンダー・ウォーター・ワールド」と名付けられた水族館、2000羽の蝶が放たれている昆虫館、リング状に設えられた座席が、地上110mまで上昇して回転するカールスバーグ・スカイタワー、シンガポールの歴史を展示したイメージ・オブ・シンガポール(en:Images of Singapore)という博物館(蝋人形館 )、第2次世界大戦でも使用されたシロソ砦などがある。
ピンクのイルカのショーを見て、イルカにタッチできるドルフィン・ラグーンもある。
夜には、レーザー光線と、花火、噴水などを使ったショー「ソング・オブ・ザ・シー」もある(21:30より毎日開催)。

パラワン・ビーチには「アジア大陸最南端」の碑が建っているが、その場所は島の最南端からはかなり北に外れた位置にある。

また、2010年にユニバーサル・スタジオ・シンガポールがオープンし、さらに多くの観光客を引きつけている。
付近にはホテル、フードコートやレストラン、水族館、土産店などが多数隣接している。
島の中央部には巨大なマーライオン像が立ち、内部に入ることも可能としている。

2010年2月14日にはシンガポール初となる、大型カジノ施設がオープンした。

なお北部リゾートワールドにおいては、Wi-Fiが有料となっており、ホテルなどでもS$20を徴収するところがほとんどである。
このため、無料でWi-Fi環境を提供するスターバックスは観光客に重宝される。
一部のレストランなどではWi-Fi環境を整えている場所もある。
          Byウィキペディア   


この島には、東西に伸びるケーブルカーがあり、そのケーブルカーに乗って島の南にあるビーチに向かう。

        IMG_3751.jpg

        IMG_3754.jpg

        IMG_3755.jpg

        IMG_3756.jpg

        IMG_3758.jpg

この島に渡って来た時に乗ったケーブルカーも遠くに見える。
そんな素晴らしい景色が広がる。

        IMG_3759.jpg

        IMG_3757.jpg
        
        IMG_3760.jpg

        IMG_3766.jpg

        IMG_3767.jpg

そうこうしているうちに、ビーチが見えてきた。

        IMG_3761.jpg

        IMG_3764.jpg

        IMG_3765.jpg

遠くには、大型貨物船が停泊しているマラッカ海峡が見える。
マラッカ海峡といえば、

マラッカ海峡(マラッカかいきょう、英語: Strait of Malacca、マレー語: Selat Melaka)は、マレー半島とスマトラ島(インドネシア)を隔てる海峡。
南東端で接続しているシンガポール海峡とあわせて太平洋とインド洋を結ぶ海上交通上の要衝となっている。
2005年における年間の通過船舶数は9万隻を超え、タンカー、コンテナ船など経済的に重要な物資を運ぶ大型貨物船が海峡を行き交う。
経済的・戦略的にみて、世界のシーレーンの中でもスエズ運河、パナマ運河、ホルムズ海峡にならび重要な航路の一つである。


そして、海賊・・・

マラッカ海峡の海賊は、長さ900キロメートルのこの狭い海峡を通る船にとって、昔からの問題だった。
近年は国際海事局(IMB)の主導により、 インドネシア、マレーシア、シンガポールが協力しての監視体制が強化されたため、劇的に減少している。

マラッカ海峡は狭く、小さな島々が何千とあり、多くの河川が注ぎ込んでおり、海賊が隠れたり逃走したりするのに適している。
一方で、この海峡は中国とインドとの海上交易路として重要であり、通行量も多い。
近年ではスエズ運河から来るヨーロッパの船、ペルシア湾岸からの石油輸送船の東アジアへのルートとしても重要である。
          Byウィキペディア   


最後にセントーサ島の地図を載せて、今日のブログを終わることとしよう。

        sentosa-map[1]

この地図は、南北が逆転しているので、そのつもりで見てほしい。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工