山陰教区門徒推進員連絡協議会実践運動研修会(2016.03.05)

3月5日(土)は、山陰経堂教化センターで「実践運動研修会」が開催された。
山陰教区は、鳥取県と島根県を一つにしたものだ。
この日の研修会には、100名の参加者があった。

        P1220242.jpg

最初に「讃仏偈」の勤行。
そして、山陰教区教務所長の挨拶

        P1220240.jpg

があり、「真宗宗歌」の斉唱。

講義は、本山寺院活動支援部組織部長の榮俊英師が
  「次世代に向けた寺院活動と門徒推進員の役割」
について、お話をされた。

        P1220243.jpg

 〇 「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)とは

 〇 「子ども・若者ご縁づくり」基本方針

について、比喩を交えて受講者を引き込みながら、詳しく説明をされた。

講義の最後は、午後の班別討議の問題提起
 
 〇 浄土真宗のみ教えとの出会いについて

 〇 阿弥陀如来の尊さを一人でも多くの人に伝えることについて

をされ、昼食後に班別の検討会が催された。




関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工