鳥取へ(2016.04)~その5

三朝温泉に宿泊した翌日は、倉吉市へ。
たぬきは、倉吉には行ったことがなかった。
正確に言うと、通過したことはあったが、観光に来たことはなかった。
今回の旅行では、倉吉の「白壁土蔵群」を見たかった。
ここは、別名「打吹玉川」ともいうらしい。

打吹玉川(うつぶきたまがわ)は鳥取県倉吉市にある伝統的建造物群保存地区。
通称は白壁土蔵群。国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。

打吹山山麓を流れる玉川沿いに位置する。
地区の南方に位置する打吹山には中世に打吹城が築かれ当地区はその城下町として発達した。
打吹城は元和元年(1615年)の一国一城令により廃城となる。
寛永9年(1632年)以降、当地は鳥取藩主池田家家老の荒尾氏が治めることとなり、打吹山麓に倉吉陣屋が置かれた(陣屋の跡地は成徳小学校となっている)。

伝統的建造物群保存地区は陣屋跡の北方に位置し、江戸時代初期から大正時代まで商業都市として栄えた地区で、江戸時代末期から昭和前期までの伝統的建造物は本町通りの石州瓦の町家群や玉川沿いの土蔵群をはじめ約100棟が現存する。
1998年に4.7ヘクタールが重要伝統的建造物群保存地区として選定され、2010年には既選定地区の西に位置する西仲町、西町などの区域4.5ヘクタールが追加選定された。
          Byウィキペディア 


        IMG_4691.jpg

        IMG_4692.jpg

        IMG_4697.jpg

清流の側に佇む白壁の土蔵は、何故か郷愁をよぶ。
懐かしい記憶の中にあるような思いをしながら、散策を楽しんだ。

        IMG_4703.jpg

通りを歩いていると、こんな佇まいのお店があった。
中に入ってみると、随分広い土蔵だ。

        IMG_4700.jpg

        IMG_4701.jpg

        IMG_4702.jpg

中では、お土産物屋や古い食器類も販売されている。
たぬきは、江戸時代から明治時代に作られたというお皿10枚を買って帰った。

        IMG_4727.jpg

        IMG_4729.jpg

それぞれ5枚組で、6寸皿といわれるものだ。
買って帰ってから、早速食卓で使っているが・・・



住職ノート
常例法座(宗祖降誕会)のご案内
 「お誕生日おめでとう」
 でも、「誕」の第一の意味は、「偽り、でたらめ」ということです。
 大変な世の中を生き抜く指針を持っていますか?
 「私の大切な人生をどう生きるか」を親鸞さまのお誕生日とその一生にならって考えてみる機会としましょう。
  日時  5月16日(月)午前10時~
  テーマ 門信徒のたしなみ(勤行・合掌の心と仕方)

募集
 「本願寺念仏奉仕団」 6月9日~10日
  引続き募集中です。
  ご参加をお待ちしています。
  本願寺参拝とご門主さまとの記念撮影
  観光 三十三間堂、東福寺


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工