西宗寺一泊子ども会(2016.08)

お寺では、毎年恒例の「一泊子ども会」が、8月18日から19日の間、開催された。
今年は、仏教壮年会の方たちがバーベキューや焼きそばを作って、子どもたちに食べさせるということで、午後3時ころから準備を始められた。
たぬきは、午後5時30分ころから壮年会の皆さんと合流。
こども会のお手伝いをすることにした。

たぬきは、もっぱら「焼きそば」担当として、お祭りの屋台でもできそうな、本格的な鉄板セットで大汗をかきながら、ひたすら焼きそばを焼く。
焼きそばが、あまりにも好評だったので、お祭りに屋台でも出そうかと思ったくらいだった。

        IMG_5029.jpg

        IMG_5030.jpg

        IMG_5031.jpg

        IMG_5032.jpg

        IMG_5033.jpg

        IMG_5034.jpg

それはともかく、子どものころからお寺とかかわりを持つことは、有意義なものだと思う。
昔は、こんな行事が当たり前のように行われていたのだが・・・

因みに、西宗寺の子ども会は、昭和41年から始まっており、今年で50年になる。
この永い歴史の中で、多くの子どもたちが巣だっていった。
また、当時子どもだった人たちの子どもたちがここにいる。
しっかりとした繋がりが、100年、200年と続くようにと思った、たぬきじゃった。



住職ノート
このたびは、西宗寺の一泊子ども会にご参加いただきありがとうございました。
今年は7つの小学校から10名、保育所から1名、計11名の参加でした。
今年は少し参加者が少なかったのですが、1泊2日を楽しく過ごすことができました。
お家に帰ったら、新しいお友達と過ごした楽しかったこと、つらかったこと、がんばったことなど、たくさんのお話を聞いてあげてください。
ゲーム、うちわづくり、バーベキュー、そしてお参り等々、京都女子大のおねえさんたちと一緒に過ごしました。
特に今年は西宗寺仏教壮年会のおじさんたちがバーベキューや焼きそばを作ってくださいました。
参加費は、保険料、食事、おやつ代、写真代などに使わせていただきました。
来年もお盆過ぎにこの会をひらきます。
また仲間の輪が広がって、夏休みの大切な思い出になってくれることを願いつつ、お礼申し上げます。

     阿弥陀様は いつでも どこでも どんなときでも
     見てござる 聞いてござる 知ってござる



関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工