中央仏教学院通信教育同窓会山陰支部平成28年度定期総会

昨日(9月26日)、本願寺山陰経堂において、中央仏教学院通信教育同窓会山陰支部の本年度の総会が開催された。

支部長あいさつの後、「讃仏偈」の勤行。
続く会議では、
 〇 平成27年度事業報告
 〇 平成27年度決算報告
 〇 平成28年度事業計画(案)
 〇 平成28年度予算(案)
 〇 会則の一部改訂
について、審議がなされた。
また、その他として
 〇 中央仏教学院通信教育のそれぞれの課程への平成28年度入学生について
 〇 同窓会山陰支部の会員数の現状
等について、報告があった。
山陰支部の会員数は、116名。
今年度の入学生は専修課程1名、学習課程1名、入門課程4名ということで、非常に低調だった。
山陰教区の各寺院や門徒推進員等に働きかけを行って、入学生を増やす必要があったと感じた。
そして、役員改選が行われ、支部長等が交代。
どういう訳か、若輩者のたぬきも役員の一員として推挙された。

閉会行事として、「恩徳讃」を斉唱し、閉会となった。
本当なら会議の様子の写真を掲載したかったのだが、撮影することが出来なかった。

        IMG_5064.jpg

また、会議終了後には、来月行われる仏教学院通信教育専修課程の「おつとめ学習会」の手伝いをしてほしいとのことで、たぬきは卒業生として、恩返しの気持ちで参加させていただくこととした。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工