香港・マカオ(その6)

聖ポール天主堂跡の隣に隣接して、「ナーチャ廟」がある。

ナーチャ廟は聖ポール天主堂跡のすぐ横にある、1888年創建の小さなお寺。
ナーチャとは暴れん坊の男の子で、孫悟空にも登場します。
武芸の達人で、疫病退治の神様として有名です。
ナーチャ廟に隣接して、同じく世界遺産に認定された旧城壁があります。
この壁は17世紀初期にポルトガル人が外敵を防ぐために築いたもの。
材料はシュナンボーという、土砂、わら、牡蠣の貝殻を混ぜたもので出来ています。


        IMG_5392.jpg

        IMG_5387.jpg

        IMG_5390.jpg

        IMG_5388.jpg

        IMG_5386.jpg

        IMG_5395.jpg

このように、西洋文化と中国文化の建造物が隣接してあるのも興味深いものがある。
これらは、世界文化遺産にもなっている。
写真を見て分かるように、日本語の表記もあり、親密感が湧くようだ。

ここは、「マカオ歴史地区」と呼ばれるところで興味深い建造物が多くあるようだ。



関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工