健康について

たぬきは、病気をして健康ということの大切さが身に染みた。
幸いにして、たちまち命にかかわるようなこともなかった。
それはそれとして・・・
今後は、節制しながら生活をしていきたいと思う。

先日、久しぶりにウォーキングに出かけた。
たぬきの住んでいる団地のすぐ脇に、島根県立古墳の丘古曽志公園がある。
そこにある小高い丘に移築された「前方後円墳」の上にあがってみた。
そこは、360度展望することができる場所で、たぬきの好きな場所でもある。
ここから南方を見ると「宍道湖」を隔てて、中国山地なども見える。
穏やかな水を湛えた宍道湖は、いつもたぬきの心を和ませる。

        IMG_6422.jpg

上の写真は、出雲市の斐川平野方面(南西方向)を撮影したもの。



住職ノート
2月に入り、もう立春が近くなりました。
先日は久しぶりの大雪で、雪かきにバタバタでした。
そんな中、近くの団地のご門徒が通りすがりに、本堂の屋根から落ちた雪の雪かきをしてくださっていました。
終わった後、お茶でもと言ったのですが、すたすたお帰りでした。
まことに有難いことでした。

境内にはまだ雪は残っていますが、確実に春はやってきています。
木々の芽、北山の光景。
一つ一つが日の光を待っているようです。

今月前半は、
 「念仏の道は 『おかげさま』と 生かされる道であり 『有難う』
と いきぬくみちであります」

としました。
本願寺第23宗主・勝如上人の言葉です。
この言葉をかみしめながら、一日一日を過ごしていきたいものです。
今、仏さまの前に手を合わすとき、私があるのは、多くの「おかげ」をいただいていることに気付かされます。
喜怒哀楽の日々の中で、ありのままを受け止めて、前向きに生きる事こそ大切なように思います。



関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工