お寺での話

今日は、たぬきの定休日。
事前に住職のアポを取り、午前中お寺に赴いた。

お寺では、坊守さんも交えて色々なお話をさせてもらった。
まず、日曜日に開催された「平成28年度山陰教区門徒推進員連絡協議会実践運動研修会」の報告をした。
葬儀に関することは、身近な問題でもあり、色々な意見があったことを話した。

また、「新興宗教の問題点」や「○○会」の活発な活動とその対応。
各種法座を始めとする行事への門信徒の皆さんの参加促進。(魅力あるお寺の活動とそのあり方)
インターネットを活用した新たな情報発信の工夫など、色々なお話をさせていただいた。

本年8月下旬に浄土真宗本願寺派山陰教区布教団で企画されている「インド仏跡巡拝の旅」にたぬきも申し込みをする予定であることも話した。
インドの仏跡は、以前からたぬきが行きたかったところでもある。
治安面では少し心配な場所であるが、是非、仏教発祥の地を見ておきたいと思っている。

そんなお話をして、2時間があっという間に過ぎてしまった。

        IMG_6453.jpg



住職ノート
弥生3月になりました。
昨日、今日と、朝、目を覚まして北山を見れば日の光が山の色合いが、春を感じさせる光景です。
卒業式の案内状が来ると、一層その感を深めます。

先日26日には山陰フィル演奏会に行ってきました。
音楽音痴の私ですが、久しぶりにオーケストラによるクラシックコンサートを聴き、感動したことです。
時には異なった日常を味わうことの大切さを感じました。

今月前半の標語は、彼岸を控えていることから、
 「亡き人の身を 案ずる人は多いが 亡き人の思いに 気づく人は少ない」
としました。

亡くなった親は、亡くなったわが子は、亡くなった祖父母は等々。
どこで、何をしているのか、気にかけています。
限りある私の命に、死んだらおしまいというような悲しみと、むなしさを抱えて生きる私たちに、見捨てることができないとの願いを成就してくださったのが、お浄土という ことではないでしょうか。
案じている私たちが、往生された亡くなった方から案じられているのではないでしょうか。
亡くなっていった方々の願い、思いは何だったのでしょうか。

春3月どんな時も、見てござる、聞いてござる、知ってござるの仏さまを思いつつ、新年度を迎えたいものです。

        IMG_6548.jpg



関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工