西宗寺墓苑の新聞広告

お寺の裏山を切り開いて墓苑ができている。
この墓苑は、今から8年くらい前に造られた。
墓苑は、約120区画ある。

        IMG_7470.jpg

各区画の広さは2m×2mあり、墓苑には2か所に水道も完備されている。

        IMG_7474.jpg

また、駐車場も完備されており、車いすでもお墓参りができる。

        IMG_7473.jpg

この度、墓苑の販売促進を兼ねた新聞広告を出すことにした。

「山陰中央新報」という地方紙の情報ステーション「さん・さん」に次のように掲載した。
この広告は、今日から7月中5回出すことにしている。



西宗寺墓苑の案内

浄土真宗の方々へ、寺院に隣接した美しい墓苑を用意しました。
四季折々の鳥のさえずり、すばらしい夕日の眺めは先祖様を偲ぶに相応しい場所です。
駐車場完備、お墓の側まで車イスでお参りできます。
お問合せは 浄土真宗本願寺派 西宗寺
松江市上東川津町845 0852-25-6643




住職ノート
7月に入りました。
早や、今年も折り返しになり、前半を見直さねばと、思う今日この頃です。
外は、各地でアジサイが様々な色を呈して雨に濡れています。
何とも言えない風情です。

先日、学生時代の仲間が、裏庭に3千本のアジサイを植え、手入れをしていることを聞かされ、驚いたことです。
わが寺も毎年雑草に悩まされるところに、アジサイを・・・と、安易なことを考えたことです。
どんなに世話をし、苦労され、大事にされてきたことは抜きにして、出来上がったことばかりを見る、浅はかさ・・・・・。

今月の標語は
「苦しみを 味わうからこそ 有難さは身に染みる お聴聞しましょう」
としました。

喜怒哀楽を味わう、という考えこそ、私自身の気付きになることでしょう。
そこに、ありがとうとの感謝の想いが行動に出てくるのではないでしょうか。
日々の生活の中で味わってみたいものです。
自分だけの思いで、人生観だけでは気付きは難しいようです。

暑さに向かいますご大事に。



関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工