災害に思う

九州では、豪雨の影響で多くの被害が出ている。
被災された方たちには、心からお見舞い申し上げます。

最初は、島根県西部地方に「大雨特別警報」が発令された。
この時点でたぬきは、昭和58年7月のあの悪夢のような「島根県西部の豪雨災害」を思い出した。
死者103名、行方不明者4名など、被災の規模は想像を絶するものだった。

昭和58年7月豪雨(しょうわ58ねん7がつ ごうう)は、1983年(昭和58年)7月に発生した水害(豪雨災害)である。
激甚災害指定。
気象庁は7月20日から23日までの大雨にこの名前を命名した。

20日から始まった大雨は23日未明からピークとなり中国地方西部で豪雨災害が発生、特に浜田市・三隅町(現浜田市)・益田市と県西部で被害が集中した。
最大1時間降水量は浜田市23日0時40分から1時40分で91mm、益田市23日6時から7時で90mm。
20日0時から23日24時までの4日期間降水量は日本海側ではなく中国山地沿いが多く、軒並み500mmを超えている。

島根県では、この豪雨の11年前である1972年昭和47年7月豪雨で県災害史上最大級の被害にあっているが、県西部に限れば、総降水量は昭和47年豪雨の方が多かったが1時間降水量はこの昭和58年豪雨の方が多かったこと、更に降水が集中したのが昭和47年豪雨では昼過ぎでこの昭和58年豪雨が夜から朝であったことから、県西部にとっては昭和58年豪雨が戦後最大規模の洪水災害となった。

この地は中国山地の北側にあり、そのほとんどが丘陵地で日本海沿岸まで丘陵が迫っている。
そこへ江の川・高津川の一級河川や中小河川が山地率9割つまり狭い谷をぬって流れ、河口部は沖積平野を形成している。
こうした地形から、インフラストラクチャーの多大な被害によって分断され陸の孤島と化した場所が点在し、救護活動に海路をも頼ることになった。
          By ウィキペディア   


また、同じような災害が島根県に襲いかかって来るのか・・・
そうするうちに、梅雨前線が南下し、九州地方が大雨となり、この地方に大雨特別警報が発令された。
島根県と同じように、特別警報が杞憂に過ぎればと思っていたのだが、大きな災害をもたらせた。

昨夜も心配して、九州各地の友人宅に電話をした。
幸いにも被災されたところはなかった。
しかし、たぬきの知人・友人には被害がなかったとは言え、多くの方が被災されたことを思えば、よかったでは済まされない。

災害がある度に、考えさせられることなのだが・・・

        IMG_7536.jpg



住職ノート
7月前半の法語です。

        IMG_7541.jpg



関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工