FC2ブログ

インド紀行(No.28)

ドライブインを出発した、たぬきたちはベナレスヘ向かう。
既に日も落ちて、真っ暗になる。
禁酒の州、ビハール州からウッタールプラディーシュ州に入る。
ところが、ほぼ500m毎に迂回のため、予定よりかなり遅れてベナレスのホテルに到着。
到着したのは、22:05。
ブダガヤのスジャ―タホテルを出発してから7時間経過していた。
それから、遅い夕食を摂り、シャワーをかぶり就寝したのは0:00を回っていたかもしれない。

翌日は、06:30にホテルを出発して、ヒンズー教の聖地ガンジス川の河畔にあるガートへ向かう。

        IMG_8981.jpg

        IMG_8987.jpg

        IMG_8990.jpg

        IMG_8993.jpg

        IMG_8994.jpg

        IMG_8995.jpg

こんな町の中でも、いたるところに牛が放し飼いになっている。
まるで、野良犬や野良猫のようだ。
これがインドなんだと、たぬきは一人で納得した。

        IMG_8999.jpg

        IMG_9001.jpg

        IMG_9002.jpg

07:05ガトーの手前でバスを下車。
いよいよ、ガンジス川河畔のガートへ歩いて向かう。

        IMG_9004.jpg

        IMG_9005.jpg

        IMG_9008.jpg

        IMG_9009.jpg

        IMG_9010.jpg

つづきは、また次回・・・



住職ノート
日曜日のワクワクみのりフェアは、素晴らしい好天に恵まれて、今までにない来客で成功裏のうちに終了しました。
前日からの仕分け、値段つけ、この日の朝も早朝からの準備、西宗寺の仏教女性会のダイナミックな活動には、ビックリした次第です。
男性の方もテントを建てたり、焼き芋を焼いてくださったり、本当に素晴らしい一日でした。
オールドサウンズの皆さんの演奏も、みんなが歌ったり、アンコールもあったりで、本堂一杯のみなさんとたのしみました。
来年からは、、マーブル(ケーブルテレビ)に来てもらったり、記者の人たちにも来てもらったらとの建設的な意見も出たことです。
これからも地域に開かれた寺として皆さんが気軽に来れる、そして心の種まきができる寺として考えていきたいものです。




関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工