FC2ブログ

インド紀行(No.29)

暫く、多くの人たちが行きかう街中を歩いて行くと、ガンジス河畔のガートに到着。

        IMG_9012.jpg

        IMG_9013.jpg

「これが有名なガンジス川か」と思う。
川面に近づくにつれて、なんとなく人々の熱気を感じる。

        IMG_9014.jpg

        IMG_9015.jpg

       IMG_9016.jpg

川に入って沐浴をしている人もいる。

たぬきたちが訪れているここベナレスについて調べて見ると・・・

ベナレス(ヴァーラーナシー)は、ヒンドゥー教における七聖都、三祖霊供養所の両方に名を連ねる。
またインド国内外から多数の人々が大勢やってくる大巡礼地である。

ガートという傾斜した階段状の沐浴場があり、ガンジス川 の西岸、約 6.4 km間を 84 のガートにより形成されている。
沐浴とはヒンドゥー教の身を清める儀式で、まず川に入り、太陽に向かい聖水を手に汲み、祈りの言葉をつぶやきながら太陽に捧げ、その後、自分の頭や体に水をかけて清める。
沐浴は朝日に向かって行うのが最も良いとされており、そのためヒンドゥー教の巡礼者たちは早朝から、このガートからガンジスの水の中に浸り、朝日に祈りを捧げる。
これが聖地ヴァーラーナシーを代表する光景となっている。
また、洗濯する人やヨーガをしてる人や、小広場や祝祭の場、レスリングの会場など、宗教のみならず、生活にも密着しており日常生活ト社交の場として機能している。
          By ウィキペディア   
 

確かに、そんな情景が見える。
たぬきたちは、船に乗り込みガートを右手に見ながら、川の上流に向かう。

        IMG_9017.jpg

        IMG_9020.jpg

        IMG_9021.jpg

        IMG_9024.jpg

        IMG_9025.jpg

        IMG_9028.jpg

        IMG_9032.jpg

        IMG_9030.jpg

        IMG_9034.jpg

洗濯したシーツだろうか?
綺麗に並べて干してある。

        IMG_9037.jpg

また、この建物の壁面には、過去ガンジス川が氾濫した時の記録が、年号とともに書いてある。

        IMG_9040.jpg

この建物に記録してある所まで、水位が上がったという印のようだ。

        IMG_9041.jpg

たぬきたちが訪れた8月は、雨季ということで相当水位が上がっていると説明を受けたが、この大河で建物の相当上の方まで水位が上がったということを聞き、自然の驚異を改めて痛感した、たぬきだった。

つづきは、また次回・・・
             



関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工