FC2ブログ

常例法座(2018.01.16)

昨日は、今年初めての常例法座があった。
この日は、親鸞聖人のご命日ということもあり、敬虔な気持ちで山門をくぐる。

        IMG_0013.jpg

境内にも本堂の屋根にも先週降った雪が残っている。
来週は、最強寒波が日本列島を襲うとか・・・
出来ることなら大雪にならないようにと思う。

常例法座は、定刻の午前10時から始まった。

        IMG_0016.jpg

拝読 浄土真宗のみ教えから「浄土真宗の救いのよろこび」の唱和。
そして、「正信偈」の読誦。

法話は、住職が
 1月15日に地元紙(山陰中央新報)に掲載されていた
   島根県江津市後地町 光善寺住職 相山一善師の投稿
     「いつでもいっしょに」
を元に親鸞聖人の示された教え、御正忌報恩講について分かりやすく話をされた。

また、蓮如上人のお言葉の中から
 人としての嗜み(たしなみ)は、
   〇 一日一回は、家の仏壇にお参りすること
   〇 ひと月に一回は、本寺にお参りすること
   〇 一年に一回は、本山にお参りすること
だということ。

確かに、そうでありたいものだと感じた、たぬきだった。



住職ノート
1月の法語です。

        IMG_0011.jpg




関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工