FC2ブログ

人々に感動を与えた日

昨日(2018.02.17)は、多くの人々に感動を与えた記念すべき日だったように思う。

平昌冬季五輪の男子フィギアスケート(フリー)の競技に世界中の人たちが注目していた。
世界の強豪選手が競技をし、得点を挙げていく中で、羽生結弦と宇野昌磨が最終組に登場した。
羽生は、大けがの後で心配していたが、見事な演技を見せてくれた。
宇野も演技の初めに転倒したものの、素晴らしい滑りをしてくれた。
結果は、羽生が金メダル、宇野が銀メダルという最高の結果を残してくれた。
羽生は、2大会連続の優勝で、何と66年ぶりの快挙だった。
テレビを見ながら、大きな感動をした、たぬきだった。
また、羽生の金メダルは、冬季五輪が始まってから1000個目の金メダルだったという。

一方、日本国内では、将棋の朝日杯オープン戦が行われていた。
注目されていた中学生棋士 藤井聡太五段は、準決勝で羽生善治二冠を破り、決勝では広瀬章人八段を破って優勝し、六段に昇格した。
史上最年少、中学生初の六段。
テレビの中継で観戦していた、たぬきは五輪の感動が冷めやらぬうちに、再び感動した。

若い人たちが、一所懸命努力して勝ち取ったそれぞれの結果に大きなエールを送りたい。
たぬきの思い出に残る素晴らしい日だった。



住職ノート
2月後半の法語です。

        IMG_1308.jpg



関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工