FC2ブログ

永代経法要(2018.03.17)

3月17日(土)は、午後1:30分から年に一度の永代経法要があった。
この日は、お天気も良く、気持ちのいいお彼岸の入りだった。

        IMG_1357.jpg

最初に、「阿弥陀経」を読誦。

        IMG_1366.jpg

法話は、
  江津市 光善寺住職
     本願寺派布教使 波北 顕 師

        IMG_1369.jpg

「仏法は、毛穴から吸い込む」というお話に始まり、お彼岸は、仏法に遇わせてもらう大事なご法縁であると・・・
死というのは、誰にも訪れる。
浄土真宗の教えは、人は死して「お浄土に生まれる」と説かれる。
若くして奥さんを亡くされ、小さな子供さん2人を育てておられる方の子どもさんから「お母さんは、どこに行ったの」という質問。
どういう風に答えたらいいのか。
小さな子供さんにどう説明すればいいのだろうか。

そんな門徒さんの話の中から、親鸞聖人の「高僧和讃」から
  「本願力に遇いぬれば、むなしく過ぐる人ぞなし・・・」
本願力、すなわちお名号に遇った人は必ず救うという阿弥陀如来の思いを聞かせていただいた。

その後、「恩徳讃」を皆で斉唱した。



住職ノート
3月後半の法語です。

        IMG_1359.jpg




関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工