FC2ブログ

イタリア(No.17)

ヴェッキオ橋を見学した後、来た道を少しだけ戻り、「ウッフィッツィ美術館」へ。

        IMG_0467.jpg

        IMG_0468.jpg

この建物は、メヂィチ家の依頼でヴァザーリが設計。
当初は、行政と司法のオフィス(ウッフィッツィ)だったが、その後、メディチ家が蒐集した美術品を収蔵するようになったという。
たぬきもこの美術館に入って驚いたのは、昔美術の教科書などに掲載されていた絵画等が、ところ狭しと展示してあったことだった。

ウッフィーツィ美術館(ウッフィーツィびじゅつかん、伊: Galleria degli Uffizi)は、イタリアのフィレンツェにあるルネサンス絵画で有名な美術館である。
1591年より部分的に公開されており、近代式の美術館としてヨーロッパ最古のものの1つである。
またイタリア国内の美術館としては収蔵品の質、量ともに最大のものである。
1982年に世界遺産フィレンツェ歴史地区の一部として認定されている。
また、トスカーナ方言であるUffiziは英単語officeの語源になった。

メディチ家歴代の美術コレクションを収蔵する美術館であり、イタリアルネサンス絵画の宝庫である。
展示物は2,500点にのぼり、古代ギリシア、古代ローマ時代の彫刻から、ボッティチェッリ、レオナルド、ミケランジェロ、ラッファエッロらイタリアルネサンスの巨匠の絵画を中心に、それ以前のゴシック時代、以後のバロック、ロココなどの絵画が系統的に展示されている。
          By ウィキペディア  



        IMG_0491.jpg

        IMG_0492.jpg

入館時には、空港と同様のセキュリティチェックが行われる。

これが、メディチ家の紋章。

        IMG_0496.jpg

そして、2階の回廊の天井には、このような絵が描かれている。

        IMG_0498.jpg

        IMG_0497.jpg

回廊の左手には、数々の展示室がある。
その内の一部の絵画を紹介すると・・・

これは、ピエロ・デッラ・フランチェスカ作の「ウルビーノ公爵夫妻の肖像」

        IMG_0505.jpg

そして、フィリッポ・リッピ作の「聖母子と二天使」

        IMG_0507.jpg

サンドロ・ボッティチェッリ作の「春(プリマヴェーラ)」

        IMG_0510.jpg

同じくサンドロ・ボッティチェッリ作の有名な「ヴィーナスの誕生」

        IMG_0513.jpg

など、素晴らしい絵画の数々に時を忘れて見入った、たぬきじゃった。

続きは、また次回・・・・・



関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工