FC2ブログ

常例法座(2018.06.16)

今日は、お寺で6月の常例法座があった。

        IMG_1767.jpg

たぬきは、出来るだけ法座がある時にはお寺に出かけようと思っている。
今日も住職のお話の中で、
 敷居の高いお寺ではいけない。
 お寺には、いつでも気軽に皆さんに来ていただけるようにと思っている。
と言われた。
確かにそのとおりだと思う。
しかし、何かが敷居を高くしているのではないだろうか?
たぬきは、能天気でずうずうしいから、高い敷居であっても低く見るというところがある。
だれもたぬきのように、思っていただければなあと思う。

さて、今日の常例法座は、
〇 拝読 浄土真宗のみ教えから「浄土真宗の救いのよろこび」の唱和
〇 しんじんのうたの拝読

        IMG_1769.jpg

法話は、
 「山の中にいると山が見えない
 汚れの中にいると汚れが見えにくい」
をテーマに
 〇先日の念仏奉仕団での思い
 〇平均寿命と健康寿命
健康寿命を長くするためには、
 食事
 運動
 生きがい
が必要。
特に、生きがいを持つ事が重要。

        IMG_1774.jpg

最後に、光明について

 私たちは、心配し続けてjくれる人、願い続けてくれている人がいても、当たり前のようにそのことに気付かなかったり、ついつい忘れてしまったりしています。
 そうした縁が途切れた時、心配してくれた人がいなくなった時に、やっと、その大切さに気付くということも少なくありません。
 阿弥陀さまの光明は、私たちの気付かない過去から、すべての人々を照らし続けています。
 そのことが、貴重なご縁となって、今、救いに出あっているのです。


と・・・・・



住職ノート
今日は(16日)西宗寺の常例法座でした。
14名のお参りで、いささか寂しい限りです。
何とか毎月20名のお参りを目指したいのですが。
私自身の姿勢が足りないのでしょうか。

今月の標語は
 「水はつかめません すくうのです。
心はつかめません 汲み取るのです」

としました。

梅雨に入ったにもかかわらず、雨が降りません。
沖縄地方では、何十年ぶりの大雨だそうです。

何かしら、今日まで、あたかも水をつかみ取り自在に手繰れるかのように錯覚してきたのが「豊かで、便利で、快適な生活」ではなかったか。
水は自然から授けられ、未来の子供たちから借りているもの。
水を両手ですくう、人の心を汲み取る気持ちを忘れてはならないと思うのです。

        IMG_1765.jpg



関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工