FC2ブログ

山口にて(その1)

数年ぶりに山口県に行った。
山口を一周するように回ったのだが、今回は訪れた所をランダムに紹介しようと思う。
今日は、山口県の北西に位置する「角島大橋」。
全長1,780mのこの橋は、日本でも有数の絶景だ。

たぬきは、数年前にもこの橋を訪れたのだが、その時は天候が悪くいい写真が撮れなかった。
今回は・・・
コバルトブルーの海とどこまでも続くような橋とのコントラストが素晴らしい。

        IMG_1946.jpg

        IMG_1952.jpg

        IMG_1957.jpg

天候にも恵まれ、ほぼ納得できるショットになったようだ。

角島大橋(つのしまおおはし)は、山口県下関市豊北町神田と同市豊北町角島間の海士ヶ瀬戸に架かる橋。

1993年(平成5年)9月6日に着工し、2000年(平成12年)11月3日に開通した。
総工費149億円。
山口県道276号角島神田線の一部。
かつて、角島へは渡船による交通が主であったが、完成により陸路でつながった。
当初は(県道ではなく)豊北町道として建設された(過疎代行道路整備事業として山口県が発注)こともあり、道路構造令の第三種第四級で設計が行われた。
このため、最高速度は40 km/hに制限されており、強風時には一般車両が通行止めになる。

北長門海岸国定公園内に位置することから、橋脚の高さを押さえ、周囲の景観に配慮した構造となっている。
また、架橋ルートの選定にあたっては、本土と角島の中間に位置する鳩島に橋脚を建設する案も検討されたが、自然景観保護の観点から島を迂回する現在のルートが採用された。
このような取り組みが評価され、2003年(平成15年)には「土木学会デザイン賞2003」の優秀賞を受賞している。

完成後はその景観から山口県の新たな観光名所となっている。
テレビCM、特に自動車のCM(レクサス・GS450h、三菱・ギャランフォルティス、スズキ・スイフトなど)のロケ地として多く採用されている。

また、完成当初は通行料金が無料の離島架橋としては日本最長であったが、2005年に古宇利大橋(沖縄県・全長1,960m)、2006年に新北九州空港連絡橋(福岡県・全長2,100m)、2015年に伊良部大橋(沖縄県・全長3,540m)と、本橋梁よりも長い通行料無料の離島架橋が建設されている。
          By ウィキペディア  


このように、美しい角島大橋。
是非一度は訪れて欲しいところだ。



住職ノート
実りの季節9月になりました。
昔は11月がコメの収穫時期でしたのに、ずいぶん早くなりました。
早速、田んぼで収穫した温かい新米を、お仏飯米としてお供えになりました。
まことに有難いご懇念です。
自分たちが口にする前に仏さまに・・・・。
我先にの罷り統る現代に、大いに学びたいものです・。

今月前半の標語は
  「正直者には 正直者の光 お母さんにはお母さんの光 青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光」
としました。
阿弥陀経の一節から引用しました。
私たちもそれぞれ違う。
能力も違うし、顔形も違う。
しかし、人間ということにおいて差はない。
違うままにそれぞれが美しく輝いている。
相手を認め、それぞれ称賛しあえる世界があるのです。
金子みすずさんは、それが「お浄土の世界」と味わっていたのです。



関連記事

コメント

読みごたえがありそうですね!

ブログ読みながら委員長のエッセイを読む思いで拝見、
 住職ノート 今月の標語も 楽しく読みました
過去のブログもランダムに読んで、いろいろご活躍された方だと拝見いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします

Re: 読みごたえがありそうですね!

ブログを読んでいただきありがとうございます。
思いつくままに書いています。
連載しようと思っていた記事も途中でストップしているものもあります。
頑張って続きを書こうと思います。
今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工