「運・鈍・根」に思う

物事を成し遂げるためには、幸運、根気、愚鈍が必要だといわれる。

「運・鈍・根」は、古河財閥の創始者である古河市兵衛の言葉だと言われている。
人間の生き方を示す簡潔な言葉だ。

真面目に生きていたら、一度や二度は幸運に恵まれるものだが、努力もせずに器用に立ち回って一攫千金を夢見るようでは、運に見放されてしまう。
また、利口ぶるより愚直で根気強く頑張れば、幸運に恵まれ幸せな人生が期待できるという教えだ。

運は誰にでも平等に神様が与えてくださるが、それを掴めるかどうかは本人次第です。
カミソリのような刃物はよく切れますが、何度も使っているうちに刃が欠けたり、切れなくなったりします。
また、厚いものや太いものは切れません。
人生というものは柔らかな紙みたいなものばかりではありません。
困難を切り開いていくには、鉈(なた)のように刃の丈夫なものでなければなりません。
どんな大木でも根気よく打ち続ければ、鉈でも切り倒すことができます。
カミソリでは不可能です。
だから人生にはこの『運・鈍・根』の三つが大事だと思います。


これは、ある会社の社長の朝礼時の話ということだが・・・。
なんとも深い話じゃあないだろうか。
もう一度、人生を見直してみてもいいのでは・・・



     DSC03869_convert_20110911151100.jpg


     DSC03872_convert_20110911151136.jpg




たぬきの読書のすすめ(その6)

今日は、古河財閥の創始者である古河市兵衛の生涯について紹介しよう。

     

運鈍根の男―古河市兵衛の生涯

中古価格
¥2,600から
(2011/9/11 15:15時点)



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

No title

はじめまして お邪魔させて頂きます。

心に「活」を入れて頂いた気分です。

実は 何もかも八方塞がりで日々を恨んでしまう日があるんです・・・

でも 何もせず  何も出来ないことに腹を立て

幸せを願っているんです。

こんな事じゃ 結局 何も始まる訳がありませんよネ

自分から上を向いて
自分で目指せるものを見付けていく努力をしないといけないですネ

神様は見ていて下さるでしょうか?

分かっていることなのに 今 何も出来ず蹲ってしまっている私です

このブログに出会えたのも縁、明日は少し違う私を見付けてみたいと思います。

長いコメになりましたが 励みになりました。ありがとうございました!!

Re: No title

ブログを見ていただきありがとうございました。

何もできないたぬきですが、少しでもお役にたてれば幸いです。
時々、偉そうなことを書いておりますが、実はたぬきにも辛いことや苦しいこともありました。
このブログを読み返すと、そんなところが沢山出てきます。
振り返ってみると自分の弱さがよく分かります。

考えて見ますと、人は皆同じなんですね。
また、いつでもコメントを書いてください。

たぬきは、いつでも話し相手になります。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工