トウテイラン

隠岐 西ノ島で目覚めた朝。
綺麗な朝日を見ながら、黒木御所に向かって歩いた。




     DSC04249_convert_20111003200725.jpg
     黒木神社入口


空気が澄み、息をすると空気の美味さを感じる。
岸壁から海の中を覗き込むと、信じられないくらいの透明度。

こんな自然の中で、ゆっくりと過ごす人生を夢見る。
欲張りたぬきは、そんな妄想にかられる。

素晴らしい朝に感動しながら歩いていると、トウテイランが道端に咲いている。
懐かしい!
この花に頬擦りしたいような気持ちになる。




     DSC04250_convert_20111003200806.jpg



     DSC04251_convert_20111003200841.jpg



とうていらん 洞庭藍 (ゴマノハグサ科)
青紫色の花の色と、粉白色の葉との美しさが、中国の美しい湖、洞庭湖にたとえられて、名が付いたと言うトウテイラン。

京都府,兵庫県,鳥取県に自生する多年草。


この植物は、隠岐の随所に自生していたように、記憶している。

この可憐な花が、何とも言えない郷愁を誘うのは、たぬきだけの印象だろうか?
素晴らしい隠岐の景観と隠岐にしかない植物分布。

もっと、隠岐を勉強しておくべきだった。
そんな思いをした、一時(ひととき)だった。





関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工