酒は百薬の長?

酒というのは、本当に百薬の長か?
酒飲みたぬきは、そんなことを思う。

確かに、酒を飲むと
○ 食欲がわく。
○ 料理がうまい。
○ ストレスが解消する。
○ 血行が良くなる。

中でも、特筆すべきは、善玉コレステロールを増やして動脈硬化を予防する?とか…(適量であれば…)

「酒は百薬の長」というのは、中国の歴史書「漢書・食貸志」にある。
中国の夏王朝(紀元前2100年)ころ既に酒があったようだ。
生薬の成分で水に溶けない部分をアルコールで抽出し、病気の予防や治療に効果をあげたことから薬酒としても使われていた。
この時代の酒は、老酒のようなものだったらしい。

老酒は、主にもち米と麦麹を原料に3年以上貯蔵して熟成させる。
そうすると香りがよく、コクのある酒ができる。
浙江省紹興市で造る銘酒が「紹興酒」と呼ばれる。
アルコール度数は、日本酒と同じ16~18度。

中国には、「料理を食べながら酒を飲む」という常識がある。
確かに、飲みながら食べることによって、アルコールの吸収を抑え、二日酔いも無くなる。

いずれにしても、暴飲暴食を避け、腹八分と酒は嗜む(たしなむ)程度にしておきたいものだ。




     DSCF1339_convert_20111007212720.jpg



     DSCF1349_convert_20111007212752.jpg



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工