神在月

もう10月か?
毎日が、あっという間に過ぎてしまう。
もう後、2か月余りすると次の年がやってくる。

10月は全国的に「神無月」だが、ここ出雲地方では、「神在月」という。
ウィキペディアを調べてみると…

出雲では、出雲大社ほかいくつかの神社で旧暦10月に「神在月」の神事が行われる。

旧暦10月10日の夜、記紀神話において国譲りが行われたとされる稲佐浜で、全国から参集する神々を迎える「神迎祭」が行われる。
その後、旧暦10月11日から17日まで出雲大社で会議が行われるとして、その間「神在祭」が行われる。
旧暦10月18日には、各地に帰る神々を見送る「神等去出祭」が出雲大社拝殿で行われる。
出雲大社の荒垣内には、神々の宿舎となる「十九社」がある。

日御碕神社(出雲市大社町)・朝山神社(出雲市朝山町)・万九千神社(斐川町)・神原神社(雲南市)・佐太神社(松江市鹿島町)・売豆紀神社(松江市雑賀町)・神魂神社(松江市大庭町)・多賀神社(松江市朝酌町)でも神在祭にまつわる神事が行われる。

出雲地方のほかに神在月とする地域が一ヶ所あり、諏訪大社の周辺となっている。
これは伝承によれば、かつて諏訪大社の祭神であった「諏訪明神」があまりにも大きな体であったため、それに驚いた出雲に集まった神々が、気遣って「諏訪明神に限っては、出雲にわざわざ出向かずとも良い」ということになり、神無月にも諏訪大社に神が有ることから神在月とされている。


先日紹介した神楽もそうなんだが、出雲は神話の土地。
一世を風靡した、出雲の豪族に思いを馳せる。

お寺の裏に古墳があり、土器などが発掘されている。
これを見ても、400年以上の歴史あるお寺だということが分かると思う。

大きな古代国家から連綿と繋がる現代。
時には、太古の昔に思いを馳せてみるのもいいのかもしれない。




     DSC04315_convert_20111019202009.jpg



     DSC04317_convert_20111019202043.jpg


関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工