人間万事塞翁が馬

人生は、吉が凶に転じたり、禍が福に転じたりして、予測は全くできない。
何が幸福になるのか、何が不幸になるのかは、簡単に決めがたい。

だから、不幸を悲しむ必要も、幸福を喜ぶ必要もないのだという時、わしらは世の中は全て「塞翁が馬」だからとか、「人間万事塞翁が馬」だからという。

これは、前漢の劉安の「淮南子(えなんじ)」人間訓篇(じんかんくんへん)が、その出典となる。

国境の塞(とりで)のあたりに、占いの術に巧みな人が住んでいた。
その人の馬が、どうした訳か、胡の地に逃げてしまった。
みんなが慰めに行くと、その父親は、「これが幸福にならないとは限らないよ」と言うのだった。

数か月経つと、逃げた馬が胡の駿馬を連れて帰ってきた。
みんながお祝いを言うと、その父親は、「これが禍にならないとは限らないさ」と言った。

家に良馬が多くなった。
その子は馬乗りが好きで、好んで馬に乗っていたが、落ちて股の骨を折った。
みんなが見舞いに行くと、その父親は、「これが福(さいわい)にならないとは限らないよ」と言った。

1年後、胡の大軍が辺塞(へんさい)に侵入してきた。
若者達は弓を引いて戦い、塞のあたりの人々は、10人の内9人までが死んだ。
ところが、股の骨を折った子だけは、足が不自由だという理由で戦争に行かなかった。
それで、父子ともに命拾いした。


だから、福が禍となり、禍が福となる。
その変化の様はこのように極めがたく、その道理の深淵なことは計り知れないものだ。

わしらは、目先の幸不幸や遇不遇に一喜一憂することなく、常に「塞翁が馬」や「禍福は糾(あざな)える縄のごとし」という心構えを持って生きていく必要があるのだろう。




     DSC04494_convert_20111023215853.jpg


関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工